異動情報ブラックリストについて

消費者金融各社からの融資を受けた事がある、高額な家電や中古車などの購入でローンを組んだ事がある、クレジットカードを所有して必要に応じて使用している。言葉を変えれば全て借金を作る事にもなります。勿論月々の求められる支払いにきちんと対応出来ていて滞りなく無理なく支払えている状況では便利な個人の権利であります。しかし収入と支払いのバランスが崩れてしまった、生活が乱れて浪費が多くなった、会社を退職する事になり無収入な状況に陥り約束の支払いが出来なくなった。支払いが滞ればペナルティーとして個人情報信用機関への異動情報の掲載、いわゆる金融ブラックリスト登録となります。そうなると当然ながら新たな融資は断られてお金の借り入れが一切出来なくなります。

異動情報とはブラックリスト掲載を示した言葉です

異動とは正常ではない事を指していてつまり決められた約束を破ったための管理方法、異動情報と言い掲載管理する事。いわゆるブラックリスト登録を指しています。一旦登録されるとその原因が円満に満額解決するまで一切消える事はありません。原因となった事を解決したとしてもすぐにその情報が消える事は無いです。それだけ個人信用機関が持つ力は絶対的です。

どれくらいの期間を経て登録管理されるのか

支払いを滞るとブラックリストに登録されますが、数日約束の日の支払いが遅れただけでは異動情報が記載される事はありません。各個人信用情報機関により段階を経て2ヶ月~3か月の間支払いが滞った後異動情報記載となるようです。

ブラック登録されるとどうなるの

支払いが滞った事が原因で書面による督促状が頻繁に届く事から始まり、その後は滞った債権の譲渡、債権を買い取ったいわば取り立て専門会社が引き継いで督促を続けます。その後はお住いの住所へ実際に取り立て会社からの人員が取り立てにやってきます。常に延滞金が継続されていて焦げ付いた金額は少しづつ確実に増えていきます。焦げ付いた原因が解決するまで継続されるものと思われます。

各個人情報管理機関へ状況確認する事も可能

各管理会社はそれぞれホームページがありご自身の信用状況の問い合わせ、開示請求する事が可能です。スマートフォンさえお持ちであればサイト内から請求する事も出来てそのために必要な費用、千円程度で開示請求が出来るようです。状況があいまいで実際の所を知りたい、いつからなっていたのか、支払いを解決した場合の状況などでも可能なので一度正式に申請してみるのも良いと思います。

異動情報を削除する事個人の信用ステイタスを回復する事は可能なのか

登録の原因となった事は借金の支払いが滞った事。その金額をすべて請求通り解決すれば個人の信用情報回復の道は開かれます。しかし原因となった滞った金額を支払ってもすぐに記載情報が削除されるわけではありません。ペナルティー期間は設けられています。それだけ借金を滞る事はやめて欲しいとの強いメッセージにも思えます。

日本信用情報機構(JICC)は金銭解決後1年間

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は金銭解決後5年間

指定信用情報機関(CIC)は金銭解決後5年間

全ての請求に応じて満額支払ったとしてもそれぞれブラック掲載は継続されるペナルティー期間がありその期間内では当然ブラックリスト登録の状態です

自己破産や債務整理をするとどうなるの

自分で作った借金を返せなくなった。放置するでなく自身で破産宣告をする。ざっくりと国に助けてもらう事で申請が受理されると借金が免除される制度です。選挙権はく奪など個人の尊厳にも規制がかかってきますし、その他にも色々と破産前とは大きく違ってくることも多いようです。各個人情報各機構にも同時にその一報が伝わりすべてに異動情報登録となります。