総量規制に達した場合

総量規制とは個人の方が正規融資を申し込む際の上限を示しています。以前には総量規制はなく割と最近に出来たものです。総量規制に達するとそこからの融資、追加の融資が出来なくなります。事前に「もうすぐ総量規制に達しますよ」とのお知らせ等はなく追加融資は普通に出来る物とあてにしていると困った事にもなりかねません。追加融資が断られる事で支払いにお金が回せなくなったなど自身の正常な信用ステイタスが危うくなる恐れも出来てきます。

総量規制に達するとそれ以上の融資は断られる

消費者金融会社への個人の融資では上限が設置されており、その金額は個人の方の収入、年収に換算して約3分の1を上限と定めています。年収が600万円ならば200万円、年収が300万円ならば100万円が個人の融資の上限と言う事になります。規制前の以前では1日に消費者金融会社を数軒申し込めば150万円とか200万円とかすぐに貸してもらえていました。大多数の方がきちんと借りたお金を返して上手くやり繰り出来ていた事ですが、債務超過状態に陥り破産手続きをする人も多く、問題視されてこの制度が出来た経緯のようです。

総量規制に達してしまいそれでも借り入れが必要な方への融資が可能です

消費者金融への融資申し込みの際に年収記入欄がありそれを参考に融資が可能で、追加融資の相談の際はあらかじめ個人の融資上限に達するだろうと見込める場合は、収入証明書の提示を求められる流れのようです。毎月の給料明細などの提示で不正は難しいので総量規制を変動させる、不正を行う事は難しいとされています。その状況でお金にお困りの方への即日融資が可能です。

追加融資を当然と考えていてあてが外された場合でもすぐに対応できます

事前に総量規制に達する知らせは無いもので、追加の融資を当然と考えていてそこで断られてしまう。追加融資の金額に別の支払いに回す事を考慮していたのであれば正常なご自身の信用情報が危うい危機でもあります。金融ブラックになる前と後ではその後の人生にも大きな影響を及ぼすと言っても決して過言ではありません。色々な手立てでお金が借りられてステイタスが維持できるのならば最善を尽くすべきと言えそうです。単発的な融資の相談、短期間での目的がはっきりとしてる融資の相談でも可能なので、お金にお困りの際はソフト闇金キャッシングの本舗へ是非ご相談下さい。

個人信用情報はその目的の管轄の元複数存在する

主に日本信用情報機構(JICC)や指定信用情報機関(CIC)や全国銀行個人信用情報センター(KSC)の個人信用情報機関が存在します。それぞれ消費者金融系、クレジットカード系、ローン、キャッシング系の管轄など目的により機関が存在します。それぞれにもいわゆるキャッシング枠が存在しており考えようには総量規制が各機関に存在する事でもあります。ソフト闇金融をご利用前にそちらに申し込んでみるべきです。異動情報については別ページでもご案内しています。